リンリン香芝

 

 

リンリン?

 

リンリンって、名前がかわいらしいからてっきり脱毛業界の中では新興勢力なのかな?とか自分勝手に思っていたら、意外に昭和52(1977)年の創業でしたね。

 

けっこうな脱毛業界の老舗なのがリンリンという脱毛サロンのようです。

 

リンリンという脱毛サロンは足かけ40年以上に渡って日本国内でガンバってきて、現在の店舗数は日本全国あわせて60店舗近くにもなるそうですよ。

 

なかなか世間様から信用のある脱毛サロンでないと、60近くもサロンを運営はできないでしょうから、やはりリンリンという脱毛サロンはなかなかのやり手脱毛サロンだといえるのではないかと思いますね。

 

もともと昔からガンバっているリンリンという脱毛サロンは、最近になってさらにガンバっていることがあるみたいなのですよ。

 

リンリンという脱毛サロンがいったい何をガンバっているのか?というと、脱毛施術代金の徹底した安さらしいのですよ。

 

奈良県内には、リンリンという脱毛サロン以外にもたくさんの脱毛サロンがありますが、それらの全身脱毛の代金は軒並み35万円とか40万円‥‥。アホみたいに高い‥‥。

 

一方、リンリンという脱毛サロンの全身脱毛代金はといえば、税込で298,000円。。。

 

この代金の差は日本の女性たちにとって大きいことですよね!

 

なぜ、リンリンという脱毛サロンがこんなにまで脱毛施術代金を安くできるのか?というと、まず理由として挙げられるのが脱毛施術機器のリース代金がかからないことだそうなんですね。

 

というのは、リンリンという脱毛サロンが使っている脱毛施術機器って、自社で準備している脱毛施術機器らしいんですよね。

 

リンリンという脱毛サロンは皆さんも知ってのとおり、もともと脱毛施術を40年以上にわたって日本でガンバってきた会社なわけです。

 

そのリンリンという脱毛サロンと、脱毛施術機器開発販売を手がけてきたリッシュという株式会社が経営合併したという話なのです。

 

現在は会社としての形式上、株式会社リッシュの中の脱毛施術部門・リンリンって感じになっているそうなんですね。

 

その結果、リンリンという脱毛サロンは、株式会社リッシュが開発販売してきた脱毛施術機器を自前の脱毛マシンとして、リース代金無料でバリバリ使えるようになったみたいです。

 

そりゃ、リンリンという脱毛サロンがよその脱毛サロンより脱毛施術代金を安く設定できるはずですよね!

 

しかし、リンリンという脱毛サロンが脱毛代金を安くできるのには、まだ他にも斬新な理由があるらしいです。

 

それは、テレビとかラジオとかを使ってのCM宣伝をやらないということらしいのですよ。

 

日本にある大手の脱毛サロンの中では、テレビやラジオを使って宣伝をしないリンリンって、けっこう異色の存在であるはずですよね。

 

自社のCMをテレビやラジオで1つ世間に送り出すとすると具体的にどれぐらいの金額がかかるのか、私はハッキリとは知らないですけれど、まあイメージ的に高いお金がフトコロから飛んでいくのは間違いないところではありますからね。

 

こんな2つの大きな理由から、脱毛サロンのリンリンは、よその脱毛サロンよりグッと安く脱毛施術を女性たちに提供することができるわけなんですよね。

 

その上、リンリンという脱毛サロンは、全身無制限コースみたいな脱毛施術プランもあるようですからね。

 

文字どおり、本当に納得いくまで女性たちが全身脱毛に通えてしまうプランがあるんですね。

 

これは日本の女性たちにとってメリット大きいですよね!なんせ、安いわ、満足するまで永久に通えるわ、ですからね!

 

ちなみに、リンリンという脱毛サロンにて、全身脱毛の税込み298,000円という料金をローン36回で支払うときのシミュレーションは以下のとおりです。、

 

税込の脱毛代金298,000円+手数料85,608円=375,608円

 

375,608円÷36回=10,433円

 

しかし、初回の支払いのみ11,608円となり、2回目以降の支払いが10,400円となるそうですよ。

 

ただ、JCBカードだけはなぜか使用不可だってリンリンの担当者に電話で聞きましたから、ちょっとした注意が必要となるでしょうね。

 

≫そら、公式サイトのほうが詳しいですよ。